常に胃がむかむかしていませんか?実はその状態は危険な状態な可能性があります。食生活やストレスなど原因は様々ですが、放置しているととんでもない病を引き起こしてしまいます。そんな胃の調子を改善するのがネキシウムと呼ばれる治療薬になります。ネキシウムを服用して違和感のない身体を取り戻しましょう。

持たせるたくさんの薬
  • ホーム
  • 逆流性食道炎の原因は生活習慣?!

逆流性食道炎の原因は生活習慣?!

薬と白い瓶

逆流性食道炎は、食道の粘膜がただれてしまい、潰瘍ができてしまった状態のことをいいます。
症状的には胸やけをしたり、胃酸が逆流してきてしまうことですっぱいような液がこみあげてきて口の中が不快になったりします。
その他にも、げっぷがよく出るようになり、胃もたれや胃の痛みが発生することもあるので、食道ではなく胃の調子が悪いのかと勘違いをよくしてしまいがちです。
逆流性食道炎が原因で慢性的に咳が出るようになることもあります。
さらには耳が痛くなったり口内炎ができたりと一見、逆流性食道炎とは関係ないような症状も出てくることもあるので注意が必要です。

胃酸が逆流することで食道を荒らしてしまうことが、逆流性食道炎の主な原因です。
なぜ胃酸が逆流してしまうようになるのかというと、加齢によって胃と食道の間にある下部食道括約筋という本来は蓋の役割をしてくれる部分がゆるんでしまうことが考えられます。
蓋が加齢によって緩くなってしまいすぐに胃酸を逆流させてしまうようになるので、食道が荒れてしまうようになってしまうのです。

さらに加齢によって猫背など姿勢が悪くなってしまうと、お腹に圧力がかかってしまうので胃酸を逆流させやすくなります。
この症状は加齢だけでなく、肥満や妊娠中にも起こりやすくなります。
また食事をした後にすぐに寝転んでしまったりするなどの生活習慣によっては、遺産が逆流をしやすくなってしまうので逆流性食道炎になるリスクを高めることがあるので注意しましょう。

胃酸が逆流しているわけではないのだけど、胸やけがひどい時や口内炎ができやすいなど逆流性食道炎と同じような症状が出るケースがあります。
胃の調子が悪いことも考えられますが、精神的なストレスを毎日感じていたりすると胃が痛くなったりするのと同じように、胸やけやげっぷなどの逆流性食道炎と似た症状が慢性的に起こることもあります。
病院で診察してもらうことが重要になります。

逆流性食道炎にならないための予防法は?

逆流性食道炎にならないようにするためには、生活習慣を見直す必要があります。
食道だけでなく胃の状態も併せて考えていくようにすると、逆流性食道炎だけでなく胃炎などをはじめとした胃の病気の予防にもなります。

まず大切なのは毎日の食習慣です。
天ぷらや揚げ物など脂っこいものやお菓子などの甘いもの、逆に辛すぎるような刺激の強い食べ物は胃の働きを活発にして、胃液の分泌を促進してしまいます。
胃液の酸の成分が強くなってしまうので、胃を荒らすだけでなく逆流をしたときに食道にダメージを与えてしまうので食べ物や食べ方には注意が必要になります。
食べてすぐ横になるのもやめましょう。

これらのものを食べるなというわけではなく、食べ過ぎないようにすること食事の栄養バランスに気を使うことが大切です。
食事の量も食べ過ぎていつも満腹になるのではなくて、腹八分目くらいに抑えておくと胃酸の分泌も抑えることができますし、胃をよけいに働かせることを防ぐことができます。

お酒やたばこなども胃に負担をかけてしまうものです。
アルコールは胃だけではなく肝臓などにも負担をかけてしまいます。
さらに飲み過ぎて吐いてしまうことがあると食道にも大きなダメージを与えてしまい、頻度が高くなればなるだけ逆流性胃腸炎になってしまうリスクも高くなるので注意しましょう。
タバコも同様でできるだけ禁煙をするか本数を減らすことが病気の予防になります。

ストレスの多い生活習慣を送っていると、つい食べ過ぎてしまって肥満になってしまうことやお酒を飲み過ぎてしまうこともあります。
ストレス自体が胃腸など身体に大きな負担をかけることもあるので、うまくストレス発散をしてあげることも病気の予防になります。