常に胃がむかむかしていませんか?実はその状態は危険な状態な可能性があります。食生活やストレスなど原因は様々ですが、放置しているととんでもない病を引き起こしてしまいます。そんな胃の調子を改善するのがネキシウムと呼ばれる治療薬になります。ネキシウムを服用して違和感のない身体を取り戻しましょう。

持たせるたくさんの薬

腰痛の原因と治療薬について

丸い錠剤

腰痛で悩む人は日本全国にいますが、腰痛の原因は人によって異なります。
腰痛症には急性の腰痛症と慢性の腰痛症があります。
急性の腰痛症は重いものを持ち上げたときに起こるケースが多いです。
慢性の腰痛症は、腰の痛みが起こった時から3ヶ月以上痛みが持続する状態です。
姿勢の悪さや筋肉の疲労、椎間板の問題などが関係しているケースが多いものの原因がわからない腰痛もあります。

腰痛の原因のひとつが姿勢です。
前かがみになると脊椎のカーブがゆがみますが、S字のカーブが正常でないと周辺の筋肉や靭帯、椎間板などに大きな負担がかかってしまいます。
日本人は猫背の人が多いですが、猫背になると重心がずれるため首にかかる負担が増えます。
首から肩までの血行が悪くなると次第に背中の筋肉もこり始め、腰の痛みにつながります。

腰痛の痛みにはストレスが原因になっているものもあります。
日本はストレス社会で多くの人がストレスや不安を感じながら生きています。
強いストレスを受けると交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、血行が悪くなります。
血液の流れが悪くなり長時間筋肉が緊張すると痛みが出ることがあります。

ストレスにより腰が痛む場合は、レントゲンやMRI検査を行っても異常が見られないことが多いです。
整形外科での腰の治療と並行して、心療内科や精神科での治療が必要になることもあります。
心療内科ではカウンセリングや心理療法で心の問題やストレスを取り除いていきます。

整形外科では様々な方法で腰痛治療が行われています。
薬物療法では飲み薬や塗り薬、貼付薬などが処方されます。
ぎっくり腰になった時などに処方されるのが非ステロイド性消炎鎮痛薬です。
この薬は炎症を抑えて痛みを和らげます。

筋緊張弛緩薬は筋肉を緩めて血行を促し、痛みを和らげます。
血管拡張薬は血液の流れをスムーズにして自然治癒力を高めます。
神経障害の回復にはビタミン剤も使われることがあります。

腰痛に効果のあるボルタレンとは

腰痛に効果がある薬として有名なのがボルタレンです。
ボルタレンは炎症を抑制し痛みを緩和させる鎮痛剤です。
有効成分はジクロフェナクで、この成分は強力な抗炎症作用で知られています。
ジクロフェナクは痛みの原因となるプロスタグランジンの働きを阻害して痛みを緩和します。
発熱がある場合は熱を下げます。

薬を使う場合は副作用に注意が必要です。
ボルタレンの副作用のひとつが胃の不快感や胃腸障害です。
ボルタレンを服用する場合は、必ず医師に指示されたとおりの用法と用量を守ることが大事です。
高い効果が期待できるからと決められた用法や用量を守らないと副作用のリスクが高まります。

ボルタレンは飲み合わせにも注意が必要です。
利尿剤の中には併用が禁止されているものもあります。
相互作用を起こす可能性がある薬が多いので、服用中の薬がある場合は医師に報告してから服用します。

ボルタレンは空腹時の服用は避けます。
誤って多く服用した場合は医師にすぐに報告して適切な処置を取ってもらいます。
保存する場合は直射日光や湿気、高温を避けて保管します。
ボルタレンに含まれている成分でアレルギー症状が出たことがある場合は、必ず担当の医師に伝えておきます。

ボルタレンはロキソニンと並んで人気が高い解熱鎮痛剤ですが、ロキソニンよりも強い効果が期待できます。
現在、飲み薬や貼付薬など様々な製品が市販されているので知名度も高いです。
ぎっくり腰の場合、正しい知識を持っていれば薬を服用しながらの自宅療養も可能です。

ボルタレンは初期の痛みと炎症を和らげるのに有効です。薬を購入する場合は、必ずその特性を理解しておく必要があります。
安易に薬を使うと健康に害が及ぶリスクも高まります。