常に胃がむかむかしていませんか?実はその状態は危険な状態な可能性があります。食生活やストレスなど原因は様々ですが、放置しているととんでもない病を引き起こしてしまいます。そんな胃の調子を改善するのがネキシウムと呼ばれる治療薬になります。ネキシウムを服用して違和感のない身体を取り戻しましょう。

持たせるたくさんの薬
  • ホーム
  • トイレに行く回数が多いのは頻尿が原因?

トイレに行く回数が多いのは頻尿が原因?

丸くて白い錠剤

男性でも女性でもトイレが近いと悩んでいる人は少なくありません。
トイレに行ったばかりなのに、少し時間が経つと再び尿意が生じて行きたくなってしまうと面倒です。
特に車に乗っている時に渋滞に巻き込まれたり、重要な会議の最中といったなかなかトイレに行き難い状況の時には厄介だったりします。

そんな風にトイレが近いと感じている人は、頻尿の症状が原因だったりするので注意が必要です。
もっとも頻尿といっても、男性と女性では頻尿が発症し易い原因に違いがあったりします。
頻尿の原因がどういった症状にあるかを知る事が大事です。
ちなみに頻尿であるかどうかの基準は、1日にトイレに8回以上行くかどうかです。
8回以上行く様だと、頻尿である可能性があるので疑ってみるべきです。

頻尿の症状が生じる原因としては、大きく分けて2つが考えられます。
それは身体の病気が関係している場合と、精神的な問題が生じている場合です。
病気として注意すべきなのが過活動膀胱の症状であり、自分の意思とは無関係にいきなり膀胱が収縮する等して尿意を我慢出来なくなります。
加齢と共に過活動膀胱になる人が多く、男性よりも女性の方がなり易いです。
身体の病気としては他にも膀胱炎や前立腺炎、重い病気だと膀胱がんといった症状が頻尿の症状を生み出す原因となります。

精神的な症状として頻尿の原因となるのが、ストレスです。
膀胱は精神的な作用を受け易い臓器であり、環境に対する強い緊張感や不安感により心因性の頻尿が生じてしまう事があります。
小さな子供の場合は、学校や家庭の変化によりストレスを受けて症状が生じるケースが多いです。
青年の場合は、受験によるプレッシャーで発症してしまう事があります。
更に成人は仕事に関するプレッシャーにより、発症してしまう事が少なくありません。

他にも加齢により、膀胱の働きが弱まってしまい頻尿の症状が生じるケースもあります。
特に睡眠中の夜間に何度も尿意が生じるケースは、加齢による膀胱の衰えを疑うべきです。

頻尿の治療方法は?

頻尿の症状はトイレに多く行けばそれで解決する、といった甘い症状ではありません。
症状の引き金となる病気が潜んでいる可能性があるので、明らかに強い尿意を感じてトイレに行く回数が増えた場合は注意すべきです。
中には膀胱がんや心不全といった命に関わる大病の兆候である可能性もあるので用心する必要があります。

もっとも頻尿の原因は様々存在するため、まずは原因を突き止める事が大事です。
原因を究明する方法としては、病院に行き医師の診察や検査を受ける事をおすすめします。
病院に行けば医師が頻尿の原因となり得る症状に対する検査を行ってくれますので、原因を突き止めて貰える可能性が高いです。
症状を引き起こす原因を突き止めれば、それに対応した治療法を実行して貰えるので改善が期待出来ます。

だからこそ頻尿の治療法と言っても、原因によりやり方は様々です。
病気が引き金となっている場合でも、がんや心不全といった厄介な場合には手術を行い対処するケースも考えられます。
手術とまで行かなくても、病気が原因であれば薬による治療が行われる事も少なくないです。
投薬治療が行われる際も、病状により使用される薬にも違いが生じます。

ちなみに女性に多く見られる過活動膀胱による頻尿の場合は、薬による治療と共に膀胱訓練を行うケースが多いです。
薬により膀胱の収縮を抑えつつ、膀胱訓練で尿意をもよおしても出来るだけ我慢出来る様に訓練して症状の克服を目指します。
他にも膀胱炎が原因となっている場合には病院では、症状を引き起こしている菌に対処出来る抗生剤を使用して治療を行う事が多いです。
ただし症状が重くない場合は、薬を使わずに膀胱訓練等で対処するケースもあります。