常に胃がむかむかしていませんか?実はその状態は危険な状態な可能性があります。食生活やストレスなど原因は様々ですが、放置しているととんでもない病を引き起こしてしまいます。そんな胃の調子を改善するのがネキシウムと呼ばれる治療薬になります。ネキシウムを服用して違和感のない身体を取り戻しましょう。

持たせるたくさんの薬
更新履歴
たくさんのカプセルと錠剤

ネキシウムの有効成分エソメプラゾールは、日本で4番目に開発されたプロトンポンプ阻害薬です。
製造販売しているのは、イギリスに本社を置く製薬会社の「アストラゼネカ」であり、日本では2011年よりアストラゼネカの開発・製造、第一三共株式会社により販売が開始されています。

プロトンポンプ阻害薬とは、胃酸の分泌を促進させる細胞壁のプロトンポンプに作用し、胃酸分泌を抑制させる薬であり、分泌抑制作用は服用するネキシウムの用量に依存します。
胃酸分泌を抑制させる薬には、ネキシウムの他にもヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)がありますが、H2ブロッカーよりもネキシウムの方が胃酸分泌抑制効果が高く、更に効果の持続時間も長いという特長を持っています。
そこで今回は、胃の救世主ともいえるネキシウムについて、効果や用法用量・副作用など詳しくご紹介します。

ネキシウムの効果作用

ネキシウムの有効成分はエソメプラゾールで、酸の分泌を抑制させる作用があります。
胃酸は、胃の中の食べ物を消化させると同時に、胃腸に侵入する細菌を死滅させる重要な役割を持っています。
しかし、体調が悪かったり病気で胃壁が弱ってしまうと、強酸性の胃酸が粘膜を傷付けて胃痛などを引き起こしたり、胃酸が逆流することで食道も傷付けてしまうことなります。
エソメプラゾールは、胃酸の分泌の強力に抑えることができる為、胃の不調や逆流性食道炎の改善に有効です。

胃酸は、胃の粘膜に存在する酵素の働きによって分泌されますが、この酵素が体内の光エネルギーを利用して酸を放出し、その代わりにカリウムイオンを取り込むプロトンポンプの役割を担っています。
ネキシウムを服用することで、有効成分エソメプラゾールが胃の酵素と結合してその活性を抑制させ、プロトンポンプの機能を阻害させます。
これにより、胃酸の分泌が効果的に抑えられることになります。

ネキシウムの効果の高さを立証する臨床試験が行われており、そこでは既存の類似薬とネキシウムを1ヶ月~2ヶ月服用して治癒効果の比較をしました。
臨床試験の結果では、ネキシウムを服用した189人のうち165人が治癒しておりその確率は87.3%でした。
既存の類似薬も、190人が服用し166人が治癒しその確率は87.4%となりました。
この結果から、ネキシウムの治癒効果は、既存の類似薬にも引けを取らないことが立証されたのです。
さらに、逆流性食道炎の維持療法においても、類似薬に優るとも劣らない再発抑制効果があることが立証されています。

この高い胃酸分泌抑制作用を利用し、抗生物質との併用をすることで、胃病変の原因菌でもあるピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の除菌も行うことができます。

ネキシウムの用法・容量は?

ネキシウムは、目的とする効能によって用法・用量が違ってきます。
例えば、胃や十二指腸などの痛みや不調では、ネキシウム20mgを1日1回服用し、十二指腸の場合は6週間まで・胃の場合は8週間までの服用となります。
逆流性食道炎の場合も20mgを1日1回服用し、8週間までを原則とします。

再発を繰り返すケースが多い逆流性食道炎では維持療法にもネキシウムが使用されますが、この場合は10mg~20mgを1日1回服用する方法で行われます。
また、非びらん性胃食道逆流症では、ネキシウム10mgを1日1回服用し最大4週間までの使用が可能、低用量アスピリン投与にある胃や十二指腸の不調の再発抑制では、20mgを1日1回服用するようになります。
このように、どのような効能を期待するかによって1日の用量や継続服用期間に大きな違いがあり、用法用量をきちんと守らないと期待するような効果・効能が得られない可能性があります。

ネキシウムには20mgと40mgがあり、価格は20mgは1箱14錠入りで3,222円~・40mgは1箱14錠入りで3,480円~となっています。
この薬は病院での処方の他、インターネット通販でも購入することができ、価格も通常価格よりも安価となっています。

消化器系の不調は、症状によっては再発・再燃を繰り返してしまうことがあるほか、改善されない場合には継続して服用する必要があります。
しかし、治療薬の価格が高いと継続して服用することも困難になったり、薬が高いからと治療することを我慢してしまうケースもあり、それが原因で症状が悪化してしまう可能性も否定できません。
実際、インターネット通販を利用してネキシウムを購入している人もおり、購入方法の一つの手段として把握しておくのも良いでしょう。

ネキシウムの食べ合わせ・飲み合わせに問題は?

ネキシウムを服用することで胃酸の分泌が大幅に減少するため、食べ合わせや飲み合わせには十分に注意を払う必要があります。
胃酸の減少によって常用薬の吸収に影響を与えることが認められています。
特に抗エイズウイルス作用を持つ成分アタザナビル又はリルピビリンを含んだ薬は、吸収率が低下して効果が低下する可能性が高いことからネキシウムとの併用はできません。

  • 抗不安薬の作用がある成分ジアゼパム
  • 抗てんかん薬の作用を持つフェニトイン
  • 抗血栓作用のあるシロスタゾールやワルファリン
  • 免疫抑制作用のあるタクロリムスやメトトレキサート
  • 心不全の治療に使用されるジギタリス系の成分を含む薬剤

これらの薬はネキシウムとの飲み合わせによって血中の成分濃度を上昇させてしまい、効果を強めてしまう可能性があり、これらの薬剤と併用する際には十分に注意を払う必要があります。

逆に飲み合わせによって、併用した薬の効力を低下させることもあります。
例えば、抗真菌作用のあるイトラコナゾール・抗悪性腫瘍薬に含まれるゲフィチニブ・ニロチニブ・エルロチニブ、抗血栓効果のあるクロピドグレルなどの成分を含む薬剤が挙げられます。

食べ合わせにおいては、セイヨウオドリコソウ(英語名:セントジョーンズワート)を含んだ健康食品については注意が必要です。
セイヨウオドリコソウに含まれる成分が、ネキシウムの有効成分エソメプラゾールの作用を低下させてしまうおそれがある為、控えるようにしましょう。

ネキシウムはいつ飲んでも大丈夫ですが、アルコールと一緒に飲むと有効成分の効力が高まったり、胃に大きな負担をかける可能性があるのでやめましょう。
また、胃に負担をかける炭酸飲料やコーヒーなども避けるのが賢明です。

ネキシウムの副作用

ネキシウムは副作用の発現は比較的少ないほうですが、全く現れないわけではありません。
比較的軽度な副作用としては、肝機能値の異常・頭痛・めまい・軟便・下痢などが起こることがあります。
ピロリ菌の除菌治療でこの薬を服用し、下痢の症状が強く現れた際には直ちに医師の診断を受けるようにしましょう。

重篤な副作用としては、以下の症状等があげられます。

  • アナフィラキシーショック
  • 蕁麻疹
  • 全身潮紅
  • 顔やのどの腫れ
  • 呼吸困難
  • 顔面蒼白
  • 肝臓の不調(倦怠感・食欲不振・吐き気・褐色尿等)
  • 重度の皮膚障害
  • 重度の腎機能障害(排尿困難・混濁尿・血尿等)
  • 錯乱状態
  • 朦朧状態
  • 言語障害

極めて稀な副作用では、白血球や血小板の急激に減少する血液障害が知られている他、肝障害や腎炎・皮膚障害などの報告も認められています。

発現割合にすると極めて低い症状がほとんどで、最も発現率が高いとされる肝機能値の異常が1%~5%未満、頭痛・めまい・下痢・吐き気等が1%未満です。
ただし、ピロリ菌の除菌治療では多少発現率が上がり、下痢や軟便が19.9%・味覚異常が7.8%・発疹・口内炎・食道炎・腹痛・腹部膨満感が1%~5%となっています。
これらの数値は臨床試験の結果で報告された数値であり、実際に報告された副作用は最も高いもので11.5%でした。

ネキシウムは、ある特定の疾患を改善させるための治療薬ではなく、胃壁の酵素に働きかけることで胃酸の分泌を強力に抑え、胃や食道・十二指腸等の不調を改善させる目的となっています。
従って、いつ服用しても大丈夫であり、副作用も非常に少なくなっています。
ただし、飲み合わせや食べ合わせに関しては十分に注意を払う必要がある為、常用薬を服用している人などは医師に相談することをおすすめします。